『国宝展も間もなく終わりですよ!』

2017年11月12日 [ 未分類 ]

前回は国宝展について書きましたが、
小生の今秋は継続して文化的要素に恵まれているようです。

台湾に行き、茶問屋でお茶を選び 2017-10-31 16-49-09 いただき 2017-11-01 17-13-45 眺めて 2017-11-01 16-48-31
日本では、トム・クリストファーの個展が開催され 2017-11-06 16-44-27 
また良き作品との出会いがありました 2017-11-06 17-10-25 
画家が生み出し、画商を通じて、自分のもとへ届きます。
小生はその独特な関係性も好きなのです。
2017-11-06 16-49-36 @ギャルリーためなが 

ヤマハ主催のピアノコンサートにもご招待いただきました。 2017-11-10 20-46-28

関西学院では学園祭が開催されており、ゴールデンボンバーが声を出していました。
歌ってはいなかったように思います(笑) 2017-11-05 14-24-00
みなさまも、よき秋を♪ 


『もう一回は必ず行きます^^』

2017年10月22日 [ 未分類 ]

こんにちは。
梅雨の再来のような連日の雨ですね。
先週は弊社のゴルフコンペが開催されましたが、同じく雨でした。
来週は少し回復するようですが、一気に冬の装いになりそうですので、
お風邪などにはくれぐれもお気を付けくださいませ。

『国宝とは何物ぞ。宝とは道心なり。道心有るの人を名づけて国宝と為す。
一隅を照らす。これ即ち国宝なり。』

比叡山で天台宗を開いた伝教大師最澄が山家学生式に記した言葉です。

2017-10-17 13-02-36 

現在、京都国立博物館で開催されている「国宝展」
期間中が4期に分かれており、展示物が変わりますが、
とにかく「アレ」が見たくて行ってまいりました。

作られたのは、今から約5000年ほど前…縄文時代
しかしそれは、つい昨日に焼きあがったかのようにみずみずしく、
それから放たれるエネルギーは小生の身体を突き抜けていきました。

深鉢型土器(火焔型土器)    2017-10-17 16-25-57

「文明は進化したが、進歩はしたのだろうか…」見た瞬間、そう頭によぎりました。

他にも数々の「国宝」がみられます。すべて国宝です。
もう二度と目にすることができない物もあるでしょう。
小生はこういった物が好きですが、好きでない方であっても、
必ず何かを感じるはずです。是非行ってみてください!
最澄の直筆の書も見ることができますよ!

また、せっかく行かれたなら、歩いて3分のところにある
「三十三間堂」「養源院」にも寄ってみてください。  2017-10-17 14-16-11
養源院には、あの天才絵師 俵屋宗達の襖絵、杉戸絵、そして血天井が見られます。
実際に宗達がそこで描いたのです。それがそのまま!襖絵はガラスなしです。
美術館のように作品が並んでいるのではなく、そのままそこで見れるのです。
ドラえもんがいなくても、本当にタイムスリップできる空間です!

小生が国宝を手にすることはできないでしょうが、
小生であっても、国宝たる道心を養うことはこれからでもできます。
今回の「物」である国宝も、結局は同じことを示しているような気がしました。

2017-10-12 11-26-34 ハロウィンもいいですが、是非とも秋の京都へ★


『社員は結婚と出産のラッシュです☆』

2017年10月07日 [ 未分類 ]

先日、上半期の決算報告を兼ねた社員総会を行いました。
創業以来続けている私たちが大切にしている社内行事です。
上場企業では決算を市場に開示することは義務ですが、小生は非上場であろうが、
会社の状況や方向性などを社員に伝えることは経営者の義務だと思っておりますので、
「通知簿」のような感覚でそれらをわかりやすく伝えることを心掛けています。2017-10-06 20-58-41 
おかげさまで29年度9月期は創業以来過去最高の売上でありました。
課題は山積しておりますが、社員にこのような報告ができて何よりです。
もちろん、社員数も過去最高であり、数日前に入社した者から創業時からの者までが
一堂に会し、談笑しながら食事をしている光景は小生の宝であります。2017-10-06 20-57-46
少額ではありますが全員に「おこづかい」も渡すことができました。
みんなで得たものをみんなに還しただけなのに、「社長、ありがとうございます!」と、
みんなが小生に言ってくれました。
役得というのでしょうか、まさに小生は一番の「得」をしています^^
社長というだけで、こんな写真も撮ってもらえます^^ 2017-10-05 22-07-26

今回の社員へのメッセージの一つが 「WE ARE HEROS.」
私たちは「微力ながら…」などという言葉を好みません。
もちろん、謙虚な気持ちは忘れてはいけませんが、微力で終わろうとなんて思っていません。
そんな中途半端な気持ちでどうにかできるほど、「超高齢化」は甘くないからです。

この日本を創り上げてきてくださった「OLD HEROS」
その方々をご支援させていただく、私たちもHEROにならなくては!

私たちはできます。なぜなら、できるまでやるからです。
まずはネクタイから… 2017-10-05 22-12-27


『できたての赤福はお餅が柔らかすぎる、小生は翌日が好きだ。』

2017年09月23日 [ 未分類 ]

こんにちは。
空も、気温も、陽の長さもすっかり秋になりましたね。
小生は先日、三重県の鳥羽に行ってまいりました。
赤福の本店で、できたてのお餅をいただき 2017-09-18 12-44-04
素晴らしい泉質の温泉でアラフォーボディーもツルツルになりました 2017-09-18 05-34-38
小生はお風呂や温泉が好きな方ではありませんが、この景色ですからね★

2017-09-18 09-14-04  客室にあった欄間

オーソドックスなデザインではあるが、直線だけで構成された日本の美である。
センスのあるなしはさておき、建築やアートが好きな小生はこういったところに目がいく。
特に直線の美しさが好きで、建築であっても直線の美しいものにはドキドキしてしまう。

建築家は建築が、絵描きは絵が重要であるが、
作品だけでなく、作品の生みの親である作家自身が魅力的であることも多い。

ドキドキする人。

「会いたいので会いにきました。」

それが最初だった。
会いたい人には、会いにいく。これが小生のポリシーだからだ。

最初の出会いから数年…先日、その方に再会したのです。

理由は「また会いたくなったから。」
本当に呼ばれているような気がしたのです。
すると先生は会うなり
「あなたに会いたいと思っていたところ。本当よ!だから良かったわ!」と…

小生如きが気軽にお会いできる方ではありませんが、それを包み込んでくれる方です。
Love」という言葉はこの方のためにあるのではないか…本当にそう思います。

「ガラスが好きなのではなく、宇宙から地球まで届く光。その光をガラスで表現したいの。」

先生はそう仰いますが、『ガラスよりも、光よりも澄んだ人』小生はそう思います。
比叡山の大阿闍梨の酒井雄哉さんと同じものを感じるのです。
そして、澄んだ心からマグマのように湧き出る情熱に息をのみます。

ふたりきりでランチをして、たくさんのことをお話しました。
そしてご自宅で、生き方から作品についてなど、数時間…かなりスピリチュアルな時間でした。

最新の作品は    直島の小さな教会 「十字架」  2017-09-11 21-05-12

先生も渾身の一作だと仰る 「薔薇」 2017-09-07 11-30-06

森ビルや公共施設など、日本に留まらず、作品は数知れずです。

小生は作品はもちろんですが、先生自身が大好きなのです。
今回あるお約束をしたので、これからは頻繁にお会いできそうです。

行楽の秋…芸術の秋…

季節なんてどうでもいい。

やりたいことを、やりたい時に、やりたいだけやろう。 

2017-09-11 11-54-02  「Love Keiko Miura
直線だけで構成されている

『タコの繁殖のために、卵は半分だけ獲るんだそうです』

2017年09月16日 [ 未分類 ]


 こんばんは。
 弊社の伊丹事業所は9月15日で12年目を迎えました。
 干支が一巡したわけです。小生も27歳でした。
 このブログをお読みくださっている皆様も「12歳」歳を重ねたわけです。

 先日、淡路島と徳島で仕事がありました。 2017-09-12 17-39-20
 弊社社員はどちらの出身者もいますし、淡路島には小生の友人もたくさんいます。
 その友人の一人に会ってきました。

 2017-09-12 18-42-07 3㎏の鱧   2017-09-12 19-01-28  タコの卵  2017-09-12 19-46-38  鮑とワカメ

 名物はお父さんが素潜りで獲る由良の「赤ウニ」 2017-09-12 19-17-36 今が最高です☆

 会う度に料理は進化しているが、純朴さはいつまでも変わらない店主 
 こうちゃん 2017-09-12 19-12-28 小生と同じ歳です^^  地魚料理 「海山」

 お陰様で、小生の胃の中は瀬戸内海でいっぱいになりました。
 
 徳島でも良い仕事ができ、生卵を入れるのが特徴の徳島ラーメンもいただくことができました☆

 そして、会社に戻ると注文していたお気に入りの植木鉢が届いていました。
 2017-09-14 11-19-15  2017-09-14 11-16-55
 
 魚を切ったり、焼いたり…
 木を切ったり、つなげたり…

 その人にしかできない仕事がある。 

  2017-09-16 00-21-03
 「私にしかできないことが必ずある」

 これは、先日ある社員が送ってくれた手紙にあった一文です。

 小生にしかできないこと。
 考え直す機会を与えてくれました。

 12年目  あらたかにしかできないこと…

 きっとある。
 

FC2Ad