FC2ブログ

『利休も聞いたであろう ホーホケキョ♬』

2016年03月23日 [ 未分類 ]

  こんにちわ。
  昨日の朝は自宅の庭に飛来したウグイスの鳴き声で目覚めました。
  なんとも清々しい朝でした。
  そして淡路島の友人から小生の大好きなものをいただきました。
  
  早生 玉ねぎ★ 14587225743330.jpg 玉ねぎは茶色だと思っている人はきっといるはず!
  違いますよね。畑の玉ねぎは写真のような色です。そしてこの玉ねぎはこの時期にしか出会えません。
  皮をむいて、レンジでチン♫すると透明になります。そこにマヨネーズ醤油…最高に贅沢です。
  春は本当にいいですね。

  そんな春の日に社員のみんなで笑いに行ってきました。  14584819533620.jpg

  漫才や落語、そして新喜劇…

  いやぁ、参りました。面白いにもほどがある!

  M‐1選手権なるものがありますが、誰でも出場できるとすれば、西川きよしさんは必ず上位でしょうね。
  「人を笑わせる」とは、ゲラゲラとさせればいいのではないことを学びました。

  しかし、色んな意味で吉本興業恐るべし!ですね。
  吉本興業のDNAは脈々と受け継がれていました。

  『伝承と伝統』

  みなさん、この違いはおわかりでしょうか?
 
  「伝承」は古き物事をそのまま伝えること。

  「伝統」は古きを守りながらも革新を追求すること。

  つまり伝承技術あっての伝統技術なのです。
  逆に、どの芸事も伝承だけではなく、伝統が必要なのです。

  もちろん「お笑い」もそうでしょう。

  例えば、小生が持っているコレ 14574367355782.jpg 有田焼
  シャケの切り身も、このお皿でいただくと美味しいですよ^^

  あとはこんな物も 14587378972010.jpg 14587379337151.jpg これは九谷焼です。
  ただの置物ですが、これは伝承ではなく、伝統でしょうね。 「松竹梅」が描かれていてniceです^^

  そして、小生はある「伝承と伝統」をついに手に入れたのです。
  安いものではありませんし、小生如きが所有していいものだろうか…
  一瞬、悩みましたが、即決しました。
  
  「この茶碗とのご縁を大切にしよう」と。

  加賀、いや日本を代表する茶陶 大樋長左衛門

  初代から現在の11代目にわたり350年以上の歴史をもち、
  轆轤ではなく、すべて手捻りで作られる。
  楽家から贈られた飴釉によって放たれる艶は何とも上品である。

  14584856782111.jpg 350年以上の歴史の中でも茶陶の名工と称された 九代 大樋長左衛門 晩年の飴釉茶碗

  これは伝承の名品

  また、九代はその伝承から伝統を生み出したわけである。
  それがこの伝統の名品   14584863464130.jpg  同じく、 九代 大樋長左衛門 晩年の 黒茶碗

  もちろん、飴釉の方も九代による伝統が織り込まれているわけではあるが、
  この黒茶碗はまさに革新★

  作法は知りませんが、抹茶が好きなので、自分で見よう見真似で点てています。
  時間ができればきちんと習いに行こうとも思っています。

  機会があれば社員にも是非とも、この茶碗を見て、触ってほしいと思います。

  触れ、眺めていると自然と呼吸が深くなり、静けさが訪れます。
  これこそが茶の魅力なのでしょう。

  弊社は本決算月です。正直、ブログなんて書いている場合ではないぐらい忙しいですが、
  仕事の合間に茶を点てて、ブログを書くのもいい時間です。 

  弊社最大のイベントである春の社員総会も間近です。
  一年間の締めくくり、社員と共に弊社の「伝承と伝統」を感じ合いたいと思います。 

FC2Ad