FC2ブログ

『人生で最もチョコレートを食べた一年だった。』

2016年03月27日 [ 未分類 ]


 こんにちわ。

 本社の近くの甲子園では球児たちの熱戦が繰り広げられています。
 残念ながら観戦に行く時間はありませんが、その熱気は届いてきます。

 熱戦

 経営とは戦いだ。

 競合他社と…ではない。
 「そんなの相手にしてないよ~」ということではない。
 正直、同業他社のことをほとんど知らない。
 もちろん現場は把握してくれているのでしょうけどね。
 それらと勝負をしていない以上、小生の中で勝ちも負けもない。
 負けはあっても、勝ちはない。
 

 小生の最大の敵は「自分のイマジネーション」である。

 自身のイマジネーションをいかに正確に、いかに早くリアルにできるか、それがすべてだ。

 イマジネーションは勝手に生まれるものではない。
 行動し尽くし、考え尽くした結果、フワッと目の前に雲のように現れるご褒美だ。
 しかし、その雲は半透明で、掴もうとしても空を切る。
 だから、その雲のようなご褒美を目に焼きつけ、小生はノートに貪るように書き写す。
 これが計画となる。あとは止まることなく実行するだけだ。

 「さぁ、計画立てようかな。」とペンを取ってペンが走るようなものではない。
 旅行の計画とは違う。

 この1年はとても大脳を駆使した1年だったような気がする。
 大学に行ったことは別として、あらゆる場面でこの小さな大脳が活躍してくれた。
 
 介護保険制度の介護報酬の改定で多くの企業が倒産し、存続している企業も大きなダメージを受けた。
 そんな厳しい状況の中、弊社も3月に決算を迎えた。

 創業以来、「最高売上高更新」「最高経常利益更新」を達成


 勝った。

 あの時の雲を掴んだのだ。

 彼らと共に… 14590516747170_20160327130958c7f.jpg


 財務内容はピカピカだ☆彡
 銀行を引き寄せる磁石はそれしかない。
 磁石はさらに太く強力になった。
 その磁石は銀行のみならず、あらゆる協力者や情報をも引き寄せるのだ。
 
 今期は将来のために内部のインフラ整備にかなりの額を投資した。
 そしていよいよ、事業の多角化も決断した。
 夏頃からは新規事業がいくつもある。
 
 
 すべてイマジネーション通りだ。


 そして何よりもイマジネーションするのは社員の幸福である。  14590123774003.jpg

 それだけはイマジネーション通り、ではなく、超えなければならない。

 「自分がこんなふうになれるなんて思っていなかったです!」と社員がコメントした時、

 それこそが小生にとって、最高の瞬間だ 14590124137644_20160327135856ef9.jpg

 「闇があるから光がある。」 14590124749045.jpg

 そんな言葉があるが、

 社会の闇はない方がいい。

 春から今まで以上に高齢化社会の闇を青空へ変えていこうと思う。 
 
 それが私たちに課せられた使命だからだ。
 いや、それが私たちのやりたいことだからだ。

 高校時代、ヒットを打った試合よりも、エラーをした試合の方が記憶に残っている。

 そういうものなのだろう。それがヒントなんだと思う。  14590126388678.jpg

FC2Ad