FC2ブログ

『打った手は変えれないが、未来は変えれる。』

2016年05月28日 [ 未分類 ]

こんばんわ。
昨日は米国大統領が広島を訪れた歴史的な日でしたね。
米国でも朝4時から主要局で全米に中継していたようです。
新聞で大統領のスピーチの全文を読みましたが、政治的にチェックされ、
作られたものだとは言え、オバマ大統領の信念や愛を感じることができる内容でした。
もちろん戦争は経験していませんし、わからないことがほとんどですが、
多くの日本人が「良かった。」と思えた日になったのではないでしょうか。
米国としての大きな一手、果たして日米間にどのような影響を与えるのでしょうか…

先日、神戸経済同友会の定時総会があり、
日本将棋連盟棋士会会長である谷川浩司棋士のお話を拝聴しました。14644268616012.jpg

将棋の手は(10の220乗)通りだそうです、天文学的な数字です。
その中で初手は30通りあり、勝敗はだいた110手前後で決まるようです。
となると、自分が打てるのは約55手であり、
自分の個性が出せるのは約30手、その中で常識外の最善手が3手。
この3手出せるかどうかで決まるようです。

講演のタイトルは「先を正しく読む」

「先を読む」ではなく、「正しく読む」というタイトルの意味が
講演後にしっくりと理解できた気がしました。

米国は日本におおきな一手を打ったのか、
それとも、日本が米国にその手を打たせたのか、
将棋には「お互いにとって良い手」は存在しないが、
今回の手はそうなのかもしれない。

話は大きく変わりますが、今まさにバラの見頃です。14644273397877.jpg
お近くの方は兵庫県伊丹市にある「荒牧バラ公園」に行ってみてください。
小生は先週行きましたが、非常にキレイで素晴らしいです。
バラは品種によってあれほど香りが違うとは知りませんでした。
小生が一番気に入った品種はこれです。
薄い紫のような、青のような色で香りが良いです。14644270246803.jpg 「ブルーシャトー」

バラ公園には車いすの高齢者の方々からヨチヨチ歩きの赤ちゃん、
ペット、カップル、家族までたくさんの人が集っていました。


We can learn. We can choose. We can tell our children a different story.

政治家だけの話ではなく、小生もあなたも胸に刻まなければならい言葉だと思います。

FC2Ad