FC2ブログ

『書かずに、描いた205ページ』

2016年09月03日 [ 未分類 ]


 みなさん、この少女をご存知でしょうか? 14728787307290.jpg

 アメリカのウィスコンシン州で暮らしていたJerika Bolenちゃん
 彼女の病気はSMAⅡ型(脊髄性筋萎縮症)
 
 14歳の彼女はこの夏、ある決断をしました。

 人口呼吸器が必要な彼女が、それを外すと決断したのです。

 思うように体が動かせず、激しい痛みを伴うこの病気
 生まれて間もなく発症し、14歳まで頑張ってきた。
 
 そして、彼女は唯一の親であるお母さんにあることを告げる
 「この夏で最後にしたい。だからみんなを呼んでラストパーティーをしたい!」
 「私は自ら死を選んだのではなく、自然に身を委ねるだけ」

 お母さんは悩みましたが、「この子が決めたこと、この子の人生だから」
 そう思い、彼女の意思を尊重したのです。

 小生はこのことをテレビで観ました。
 最後のパーティーの様子でした。
 数日後に彼女は安らかに旅立ったようです。
 (http://spotlight-media.jp/article/305344401210862733)

 
 乳がんで闘病中である、キャスターの小林麻央さん
 昨日のブログでこう書いた
 
 「なりたい自分になる」

 彼女は今まで、自分の思うように生きてこなかったのだろうか?
 やりたい仕事をして、愛する人と結婚し…

 小生の解釈はこうだ。

 「自分の時間を思うように使いたい」ということであろう。

 「時間」

 自分の時間がなくなる=死

 人間の死亡率は100%だ。

 あなたも、あなたの大切な人も必ずその時が来ます。
 若い人たちが毎日そう考えて生きる必要はないでしょうが、
 加齢、病気などによって、それを意識する状況になれば、
 それをさらに強く意識して生きることはとても大切なことです。

 小生は理学療法士として社会に出ました。
 患者さん、という多くの方々に出会い、別れてきました。
 知識や技術で小生よりも優れている人はたくさんいます。
 しかし、すべての方に「ボクが担当でよかった!」と言えます。
 それが担当するうえでの、最低限の責任だと思ってきたのです。
 そして、せっかく自分に巡ってきたご縁なのだから、
 カッコつけずに「ピュア」でいようと務めてきました。
 それは無色透明で美しいということではありません。
 「人として、人に接する」ということです。
 それは友だち、社員、取引先、利用者さん、すべてに言えることです。
 
 患者さんと理学療法士という線引きをしてこなかったからこそ、
 見えなかった景色があります。
 しかし、だからこそ見えた景色もあります。

 14728786539150.jpg  ご縁があり、その景色を描くことにしました。

 14728786087040.jpg  出版社の方々をはじめ、多くの方々のおかげで、

 その景色は作品となり、9月2日 世に出ました。  14728785068950.jpg  

 「どう生きるのか」は「どう死ぬか」と同じだ。

 そう遠くない日にそれが訪れるとしたら、どう生きますか?
 それがあなたの家族なら、どう支えますか?

 私たち、ARATAKAは「できません」「やめておきましょう」が嫌いです。
 だって、その線を越えてこそ、本当の遣り甲斐が存在するからです。

 少なくとも、小生はそう生きてきました。
 求める人に、それを届けられるように…   14728893580350.jpg 

 次なる景色へ!
 あらゆる線を越えてみようと思います。

FC2Ad